プレスリリース

【HERP】エンジニア採用における経路別の成果に関する調査レポートを公開 〜リファラル採用が人材エージェント経由に次いで採用経路の第2位に〜

2021年8月5日(木)

【HERP】エンジニア採用における経路別の成果に関する調査レポートを公開 〜リファラル採用が人材エージェント経由に次いで採用経路の第2位に〜

株式会社HERP(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:庄田一郎)は、2021年8月5日、エンジニア採用における経路別の成果に関する調査レポートを、企業の経営者および採用担当者向けに公開したことをお知らせいたします。


さまざまな業界において、いわゆるDX人材の確保に向けた動きが顕著となっている昨今、特にエンジニア採用における求人倍率が高まっています。こうした状況を踏まえ、この度、企業のエンジニア採用を支援することを目的に、「エンジニア採用における経路別の成果に関する調査レポート」と題したホワイトペーパーを、企業の経営者・採用担当者向けに公開します。HERPでは引き続き、企業の採用課題と解決策について調査を定期的に実施し、公開してまいります。



【調査結果ポイントのサマリ】

1.エンジニア採用経路において、リファラル採用(18.0%)が人材エージェント経由(30.0%)に次いで全体の第2位に

2.採用成功企業は、複数媒体を併用し目的によって使い分ける傾向にある

3.エンジニア採用を成功させる上で最も重要と考えられているのは「採用担当だけでなく、現場のエンジニアを採用に巻き込むこと」(17.3%)


【調査レポートより抜粋】

1. エンジニア採用経路においてリファラル採用が2位に

エンジニア採用全体において「リファラル・社員紹介」経由の採用は、エンジニアの種別/年収帯/スキルレベルを問わず、「人材エージェント」に次いで高い割合を占めています。

エンジニア採用全体における採用経路割合

2. 採用成功企業は、複数媒体を併用し目的によって使い分けている

エンジニアの採用人数の多い企業は、複数媒体を併用している傾向にあります。さらに、媒体毎にエンジニア種別・年収帯によって異なる強みを持っていることからも、目的に応じて複数媒体を使い分けることが肝要と考えられます。

エンジニアの採用人数別の利用媒体数割合

3. エンジニア採用を成功させる上で最も重要と考えられているのは「採用担当だけでなく、現場のエンジニアを採用に巻き込むこと」

エンジニア採用成功のポイントは、第1位 現場エンジニアの巻き込み、第2位 技術要件・カルチャー・ジョブディスクリプションの明確化、第3位 テックブログなどの採用広報活動の継続という結果となりました。

エンジニアの採用を成功させるために必要だと考えていること

【調査レポート概要】

  • 名称:エンジニア採用における経路別の成果に関する調査レポート
  • 調査主体:株式会社HERP
  • 調査方法:Webアンケート
  • 調査期間:2021年6月16日〜6月23日
  • 調査対象:当社取引先および任意回答企業である人事担当者
  • 有効回答数:128名

■スクラム採用プラットフォーム『HERP Hire』について

『HERP Hire』は、社員主導型のスクラム採用*を推進したい経営者や人事責任者向けの採用プラットフォームです。IT系企業が利用する20以上の求人媒体からの応募情報の自動連携、Slackなどとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、社員ひとり一人が積極的に採用に参画できる状態の実現をサポートします。『HERP』には「Human Recruiting Platform」の頭文字と、企業の採用担当者に寄り添い、その手助け(=HELP)をしたいという思いを込めています。

*スクラム採用…株式会社HERPが提唱する社員主導型の採用方式


【株式会社HERP】

所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 12階

代表者:代表取締役CEO 庄田一郎

設立日:2017年3月24日

資本金:100,000,000円

事業内容:社員主導型採用を実現するスクラム採用プラットフォーム『HERP Hire』の開発・提供、スクラム採用時代のタレント管理プラットフォーム『HERP Nurture』の開発・提供

URL:https://herp.co.jp/

HERP Hire導入企業様の事例紹介

HERP Hireについてもっと知る