新しい採用のあり方を提案するメディア

すごい会社のすごい本業大解剖!No.7 Luup

このエントリーをはてなブックマークに追加

業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。第7回は株式会社Luupのサービス責任者兼オペレーションマネージャーの職について、代表取締役社長兼CEOの岡井さんにインタビューを実施しました。

本記事の登場人物

株式会社Luup 代表取締役社長兼CEO 岡井大輝

 

東京大学農学部を卒業。その後、戦略系コンサルティングファームにて上場企業のPMI、PEファンドのビジネスDDを主に担当。その後、株式会社Luupを創業。代表取締役社長兼CEOを務める。2019年5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心に、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的とする「マイクロモビリティ推進協議会」を設立し、会長に就任。

株式会社HERP 代表取締役CEO 庄田 一郎

京都大学法学部卒業後、リクルートに入社。SUUMOの営業を経て、リクルートホールディングスへ出向。エンジニア新卒採用に従事する。その後、エウレカに採用広報担当として入社し、同責任者に就任。2017年3月、HERPを創業。本記事ではインタビュアー、ちょこちょこ感想を挟む。

株式会社Luupについて

電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、街じゅうを「駅前」化する新しい短距離移動インフラを創ることをミッションに、電動キックボードなどの新しいモビリティを日本で安全かつ便利に利用するための「新しい機体の実証」と、シェアリングの形での移動体験を検証する「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組む。

本記事で取り上げる株式会社Luupの急募求人
オペレーションマネージャー – 株式会社Luup

「いかに早く、これからの日本に必要な新しい交通インフラをつくれるか」その命運を大きく左右する事業責任者を募集したい




電動キックボードなどの新しいモビリティを日本で安全かつ便利に利用するための「新しい機体の実証」と、シェアリングの形での移動体験を検証する「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組む株式会社Luup。
電動キックボードが公道を走行する政府認可の実証実験を千代田区・新宿区・渋谷区・世田谷区などのエリアで日本で初めて開始するなど、日本のモビリティの進化に向けて大躍進を遂げている。
「極論Luupという会社が残らなくても、日本のモビリティが進化するならいいんです」そう話すのは代表取締役社長兼CEOである岡井さん。この発言からも分かる通り、新しい短距離移動インフラを創るというミッション実現に向けて、必要なことだけに真っ直ぐに向き合うプロ集団だ。
今回の募集は、事業責任者兼オペレーションマネージャー。機体があるだけではモビリティは機能せず、機体を管理するオペレーションがあって初めて成立するサービスだからこそ、かなり重要なポジションとなる。
今回はその重要なポジションの募集について、インタビューを行った。


本日はよろしくお願いします。電動キックボードの公道での実証実験が初めてできるようになったという御社のリリース、拝見しました。毎回痺れるリリースで、ミッションに対して真っ直ぐに進んでいることがとっても感じられます。

ありがとうございます。免許取得やヘルメットの着用は必要ですが、電動キックボードが自転車レーンに入れることになりました。エリアは千代田区の皇居付近、新宿区の西新宿、世田谷区・渋谷区全域です。経済産業省の「新事業特例制度」を用いて政府認可で実証を行うのですが、これは日本初の試みとなります。
今回募集する事業責任者は、この取組みを始めとした国内最先端の電動キックボード事業の公道実証を統括することおよびシェアサイクル事業の拡大・効率化・安定化がメインミッションになります。関係省庁との協議は自分がやるので、充電オペレーション、再配置などオペレーション全体の設計・改善を行って欲しいと思っています。
オペレーションは電動キックボードと自転車の事業と共通する部分なので、どちらも管轄して欲しいと思い「事業責任者兼オペレーションマネージャー」の募集としました。キックボードはオペレーションがメインになるので、もはやロールとしてサービス責任者の責務全てと言えると思っています。

なるほど。とても責任が重くやりがいのある役職ですね。

さらっと話しましたが、かなり重要なポジションです。難しい採用なのは分かっているのですが、そのやりがいが今回のインタビューを通じて多くの人に理解してもらえるのではと思い、受けさせていただきました。この記事を読んで我こそはと思った人がいたら、ぜひ応募してもらいたいと思っています。

その事業責任者の方が入社後に担当するオペレーションというのは具体的にどのような内容になるのでしょうか?

例えば、現状は弊社サービスは利用に応じた従量課金ですが、サブスクリプションの導入も検討したいと思っています。モビリティの一般化・利用者拡大を考える上ではできるだけ広範囲に機体を設置していくことが求められますが、サブスクリプションを考えた時には、サブスクリプションベースで利用しうるユーザーの方々を特定した上で、そんな方々にご不便のないよう機体を設置する必要がある。機体のアップデートはずっと続けて行きますが、それだけではなく配置・オペレーションの設計が非常に重要なのです。
他にも、まだ言えないことがたくさんあるのですが、サービスにこれからどんどん肉付けしていくにあたり、オペレーションがより重要になっていきます。

多分、僕らがちゃんとやらないと、電動マイクロモビリティは日本の普通にならないと思うんです。理想だったけど、やっぱりこのモデルは儲からないし続けられないね。となって終わってしまいます。
一方で、僕らがうまくやれたら我々の次の世代はモビリティで通学通勤できるようになるということです。自分たちがうまくやれるかどうかで、次の世代の生活が大きく変わると本気で思っています。

次の世代の生活が大きく変わる…、もう少し詳しく教えてください。

今考えていることは、理論上、いかなる場所にも駅から10分以内でアクセスできるようになるのではということです。ラストワンマイルをLuupでサポートできる。
都心の地図のうち、駅から徒歩10分以内で行けるところを塗りつぶすと、多くのエリアがはみ出てしまいます。駅から徒歩10分以上かかる場所がかなりがあるということです。でも、自転車で10分以内で行けるところという条件にすると、全部塗りつぶすことができます。街じゅうを駅前化したいと話しているのはそういうことです。鉄道を前提として、鉄道の各駅からのアクセスを最適化したいと考えています。

目的は会社を大きくすることではないのでLuupという社名が残るかはわからないし、残らなくて他のプレイヤーが実現するのでも極論いいのですが、ミッション実現に向けて一緒に走ってくれる仲間を募集したいです。

なるほど。まさに世の中を変えられるかどうかの最前線で闘うことになるポジションということですね。ミッションを達成するために会社が存在するという考え方も共感できます。それに集まってこられている人たちだからこその熱狂的なモチベーションも事業促進の一つの要素ですね。
外から見ていてもどんどん事業が前に進んでいる様子が伝わってきますが、中から見ていてどうですか?

想像していたよりも遥かに順調に進んでいます。先ほどの電動キックボードの実証実験の認定もそうですし、政府の成長戦略に一部記載されたりもしました。圧倒的なスピードで前に進めようとは思っていましたが、ここまでは想像していませんでした。
その分、採用に困っています。1ヶ月でも採用が遅れたら、サービスが変わってしまう可能性があります。もしこの記事を読んで少しでも興味があった人は、すぐにご連絡いただきたいなと思っています。

膨大なデータを元にオペレーションを改善しながら、チームを前に進めていく

入社いただいた後は、具体的にどのような仕事をしてもらうことになるのでしょうか?

大きく分けて二つあると思っています。一つ目は、集まってくる膨大なデータを読み解くことでプロダクト改善情報を集めて、オペレーション改善につなげることです。
今後の事業展開スピードを加速するためにどんなデータが必要かという想定があって、そのデータ取得のための体験・オペレーションの設計が必要です。そして実際に得られたデータを元に継続的にオペレーションを最適化していくことを一気通貫でお願いしたいと思っています。
例えば、降りる時のポートを予約するUXを導入しているのはLuupだけなのですが、そういう行動に反映されていくと思ってもらうと分かりやすいかと思います。
UberJapanよりジョインしたデータサイエンティストのの松本副社長と共に、数字をみながらPDCAを回していって欲しいので、ロジカルに数字から仮説設計ができることが必要だと考えています。なお、それができれば、機械学習の知見があるなどデータの持ち方に関するスキルはマストではないです。


なるほど。2つ目はどんな仕事でしょうか?

もう一つは、関わる人全てが幸せに働ける設計をすること。今後のLuupの展開を考えると、一般の方に充電してもらうといったオペレーションをとる可能性があります。そうなると、UberEATSの配達員のような、ギグワーカーの方々に手伝ってもらうこともあり得るので、直接関わる従業員だけではなくギグワーカーの方々も楽しく働ける設計が必要です。
数字を見られるだけでなく、部下がついていきたいと思えるような、みんなが心地よく働けるマネジメントもできる必要があります。この一見相容れない特色を両方もっていなきゃいけないので、かなり難しいポジションだと思っています。


その両方を兼ね備えた人は稀有だと思いますが、事業の根幹を支えるかなり重要なポジションなので、やりがいはとてもありそうです。このポジションのKPIはあるのでしょうか?

KPIは本質的には利益率になります。売上はマーケの担当など他の担当が責任をもちますが、利益率はオペレーション次第。もちろん利益率だけで見るわけではなくて、業務効率化の指標で測っていくと思います。
自分で言うのもなんですが、こんなにモビリティオペレーションの最先端に携われるのはかなり面白いと思います。日本のモビリティがうまくいかなかったら、僕とこのポジションで働いてもらう方のせい。逆にうまくいっても、僕とその方のおかげです。笑

非常にスケールの大きな話でワクワクしますね。

ちなみに、実現スピードにもかなりこだわっています。日本のためにも、10年以上かけるのではなく、数年で実現したいと考えています。だから、政府との協議も通常10年以上かけるものを数年でやろうとしています。なので、本当に巡り合わせだとは思いますが、今すぐジョインいただける方を探しています。
もちろん最初は業務委託などでもいいですが、社員になることが確定している上で下すオーナーシップのある意思決定に価値があると思っているので、できるだけ早くジョインいただけたらと思っています。

社員から社長交代を提案されるくらい、ミッションオリエンテッドな会社であり続けたい



ロビイングが軌道に乗ってからのこの数ヶ月、怒涛の日々を過ごしてらっしゃいますよね。

はい。自転車事業を丁寧にやろうとしてる中でキックボード事業も機運が来たので、開発も官庁対応も2倍になって、もう一社できたような感じになっています。それだけの追い風の中ですが、従業員は今20人弱しかいない体勢でやっているので、よく驚かれます。
採用を急ぎたい気持ちはあるのですが、誰でもいいわけではなく、かなりこだわって採用活動をしています。当たり前のようでありながら最近になって本当に痛感していることですが、会社は人でできています。例えば、副社長のおかげで今までより遥かにデータ起点で仕事できるようになったことも、まさに人起点でビジネスは大きく変わる事例だったと思っています。

なので、成長したいというモチベーションではなく、事業を前に進めることにまっすぐ向き合える仲間を探しています。戦場で敵を倒せる技を身に付けたいなあと思っている暇はないのと同じで、解決すべき課題を解決していたら、いつの間にか成長しているという順番です。弊社には、大きな使命と特異な機会があるだけだと思っています。
ただ、全員オーナーシップが高くお互いの領域を跨いで仕事をするので、結果として学び合いになっているというのは日々感じています。

Luupの成長を支える組織文化が少し分かってきた気がします。その他に大切にしていることはありますか?

ミッションファーストであり続けるために、得意な人が得意なことをやると言うのは大事にしています。僕はこの領域で一番ロビイングが得意だと思うのでロビイングをやっていますし、このポジションに応募いただく方にも、1年でオペレーションが一番得意な人になって欲しいと思っています。
本来は社長が事業責任者であるべきだとは思うし、自分もやりたいのですが、Luupの事業はいかに政府と足並みを揃えつつ、かつ我々が引っ張る気持ちで国を動かしていくか、そしてどれだけ影響力のある企業が株主でいてくれるかが成長に大きく関わるので、それが得意な自分は強みを活かして日々仕事をしています。どんな人たちに事業を応援してもらうかまで含めてプロダクトの価値ということです。

なるほど、すごく分かります。

ミッションファーストには本当にこだわっていて、岡井さんより経営上手い人がいるから変わって欲しい、と社員から言われるくらいにしたいと思っています。もしかしたら政府との調整が不要なフェーズにきたら、実際に自分はもう会社にいないかもしれない。

人事もミッションファーストに準じています。在籍期間などは関係なく、より適任な人が各ポジションにつくべきだと考えています。事業責任者を外から採用しようとしてるのもまさにそれを体現していると思います。ミッションファーストで事業を運営していくという約束を外に対してもしていて、ありがたいことにミッション達成に協力をいただいている外部パートナーの方々も多くおられます。

岡井さんのミッションに懸ける並々ならぬ想いが伝わってきます。

じゃあそのミッションって一体なんなんだ、という話をしたいのですが、究極の話をするとモビリティですらあくまで手段だと思っています。今後成長が鈍化していく日本という船に対して何ができるかというのがミッション。自分は介護・医療・まちづくりが三大課題だと考えていて、まちづくりの一つのアプローチとしてモビリティを扱っています。

自分としては人類のためになることに100%人生使っていると、幸せになれると思っていて、日本に生まれたのでまずは日本のためになることをやろうと決めました。自分の性格だと、残念ながらそこまでしないと幸せになれないと思っています。

社員はモビリティ自体に興味がある人もいるし、自分と同じく課題解決のモチベーションの人もいます。どちらのモチベーションでもいいので、ミッションファーストで一緒に働いてくれる仲間が応募してくれるのを待っています。一緒に次の世代の暮らしを大きく変えることにトライできると嬉しいです。

数年後に日本の暮らしを変えるというミッションに向けて最前線で戦っていくことはかなりの難易度だと感じましたが、ミッションファーストの心強い仲間たちと働けて、非常に稀有でやりがいのある環境だと感じました。我こそはという方からの応募があることを願っています。お話聞かせてくださり、ありがとうございました!

<筆者の感想>
日本のモビリティの進化を牽引するLuup。最近のリリースからも目覚ましい成長を遂げていることは理解していましたが、それを支える岡井さんの考え方、それに賛同して集うメンバーたちの強さを知り、日本のモビリティがこれからよくなっていくことを確信しました。
そのスピードを上げていくためには、今回のポジションの採用が不可欠。日本をよりよくしたいという志と事業責任者としてまちづくりに挑戦したい方、現在モビリティに携わっていない人でも、自分こそはと感じた方はぜひ応募してみてほしいと思います。

本記事で取り上げた株式会社Luupの急募求人
オペレーションマネージャー – 株式会社Luup

すごい会社のすごい本業大解剖!シリーズ

No.110X(COO)
No.2Gracia(UI/UXリードデザイナー)
No.3BASE(カスタマーサクセス戦略企画 ※責任者候補)
No.4ポジウィル(COO)
No.5MOSH(COO)
No.6Eventhub(プロダクトマネージャー)

\ スクラム採用がよくわかる!ガイドブック/

HERPデモ動画

\ スクラム採用×HERP Hire 解説動画無料公開中/

HERPデモ動画

関連記事

2021/03/30  採用サービス
次世代スタートアップ注目求人特集
本特集は今後ので働きたいビジネスパーソンに向けてHERP Lab編集部が厳選したスタートアップの求人をご紹介する内容です。 未知の領域で...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/03/25  おすすめ記事
すごい会社のすごい本業大解剖!No.10 鹿島アントラーズ
業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。 第...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda
2021/03/22  イベントレポート
GMOペパボの内定者には何が刺さった? 実際に入社したエンジニアと考える「採用プロセスのCX」
日々厳しさを増すエンジニア採用。スタートアップから大企業まで、多くの企業が優秀なエンジニアを採用すべく、テックブログやエンジニア向け採用...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/03/11  おすすめ記事
HERPユーザー勉強会のQA公開!part3 リモート下でどうする?難易度の上がるオンボーディング成功の秘訣
今回のテーマ 米国や外資系企業では「Onboarding Spacialist」 という職種が誕生するほど、「新入社員へのオンボーディン...
原亜依南
原亜依南
2021/03/06  おすすめ記事
自分より優秀な人を採用するには?ReproとExaWizardsの人事が語る正攻法
自分より優秀な人材を採用するにはどうすればいいのか・・・多くの採用担当者にとっての命題でしょう。 特にスタートアップの場合、一人の採用で...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/03/03  特集
COO仕事の流儀 freee 尾形 将行 一番現場に近いCxOであり続ける
急成長を遂げるベンチャー企業には必ずCEOを支えるCxO陣がいる。しかし、彼らの活躍や魅力は外部からは十分にはわからない。特にCOOとい...
Ryo Tokunaga
Ryo Tokunaga

採用管理ツール導入の成功事例

株式会社コドモン
候補者には期待感溢れる体験を。2ヶ月で20名採用を実現したコドモンの採用の裏側
ルームクリップ株式会社
全職種でワークサンプルを実施!候補者目線を考え尽くしたRoomClipの採用プロセスとは
AI inside 株式会社
HERP導入後3ヶ月で39名内定し、3倍の成果を実現!採用を主導する現場と人事の協働ストーリーに迫る。
株式会社インフラトップ
学びと仕事を通して人生を最高の物語へ。候補者の人生に寄り添ったインフラトップの採用活動
BASE株式会社
エンジニアはエンジニアの眼で見て採る!採用活動をプロダクトとして捉えるBASEの「スクラム採用」とは
株式会社サーバーワークス
エンジニア出身人事だからこそわかる サーバーワークスの採用におけるエンジニアと人事の役割分担とは
株式会社デジタリフト
内定到達率5倍を実現!候補者一人ひとりに向き合う採用へ転換したデジタリフトの採用活動に迫る
Ubie株式会社
一人ひとりが自走して動ける自律的な組織へ。世界を目指すヘルスケアスタートアップUbieの採用活動の変遷
株式会社Azit
採用全体の7割がリファラル採用。HERPを活用した採用に強い組織づくりに迫る
カラクリ株式会社
バリューである「100倍の生産性」を実現するため採用管理ツール7社を徹底検討。HERP導入後、業務効率が30%改善!
株式会社Schoo
HERP導入で、それまで「点」だった候補者情報がタイムライン上で「線」となり、候補者一人ひとりが立体的に
株式会社LegalForce
HERPの価値は「コミュニケーションの効率化」。他採用管理ツール利用経験のある人事から見たHERPの価値・導入時の観点とは
クラスター株式会社
正社員の採用参画率100%!HERP Hireが全社員参加型の採用活動を促進
株式会社ギフティ
社員の9割が採用に積極的に参加!HERPを活用した全社員を巻き込む採用活動の裏側
株式会社空
10数名のベンチャーが直近3ヶ月で6名採用!加速する採用を支えるHERP活用の秘訣とは!
株式会社div
内定承諾率98%!HERP活用で候補者への効果的なアプローチを可能に
株式会社ココナラ
現場から経営陣までシームレスに情報共有。HERP導入で事業を加速させる採用を実現!
株式会社ユニラボ
HERP Hireで煩雑な採用オペレーションから脱却。採用管理業務の20%削減に成功!
株式会社PR Table
候補者へのフィードバックを全社員に共有!社員参加型の採用活動で、エンゲージメントも20%アップ
     
「スクラム採用」を実現する採用プラットフォーム HERP Hire
求人媒体からの応募情報の自動連携、Slack/Chatwork連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、現場メンバーが積極的に採用に参画できる「スクラム採用」の実現をサポート。
HERP Hireを詳しくみる
「スクラム採用」を加速させるタレントプールツール HERP Nurture
複数の求人媒体からの応募情報の自動連携、SlackやChatworkとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有。
HERP Nurtureを詳しくみる