新しい採用のあり方を提案するメディア

デジタル庁の今 vol.4 行政機関システム全体アーキテクトの設計への挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。
今回は番外編”デジタル庁の今”として4回に渡ってインタビューを実施。今注目を集めているデジタル庁準備室のお仕事について、実際にデジタル庁準備室で勤務しておられる皆様にお話を伺います

4回目の今回は、デジタル庁準備室でIT戦略調整官を務める本丸さんに、仕事の詳細ややりがいをお聞きしました。

本記事の登場人物

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 IT戦略調整官 本丸達也

内閣官房IT総合戦略室にて、デジタル基盤を設計するアーキテクチャチームのとりまとめを担当。1人で産官学を兼任しており、愛媛県のCDO(最高デジタル責任者)補佐官を務めながら、民間にてデジタルツイン志向で物理・仮想都市空間基盤を設計し、同時に大学院博士課程(都市工学)でグラフニューラルネットワークを用いたAIモデルによる都市シミュレーションを探求中。

株式会社HERP 代表取締役CEO 庄田 一郎

京都大学法学部卒業後、リクルートに入社。SUUMOの営業を経て、リクルートホールディングスへ出向。エンジニア新卒採用に従事する。その後、エウレカに採用広報担当として入社し、同責任者に就任。2017年3月、HERPを創業。本記事ではインタビュアー、ちょこちょこ感想を挟む。

デジタル庁準備室について

デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目指し設立準備中。
徹底的な国民目線でのサービス創出やデータ資源の利活用、社会全体のDXの推進を通じ、全ての国民にデジタル化の恩恵が行き渡る社会を実現すべく、取組を推進しています。

本記事で取り上げるデジタル庁準備室の求人
※デジタル庁(準備中)Webサイトに新規タブで遷移します

ユーザーは最初から国民全員。ベースレジストリの整備で国民のユーザー体験を改善する

本日はよろしくお願いいたします!今日はシリーズ最終回。デジタル庁にてアーキテクチャチームのとりまとめを担当している本丸さんにお話を伺います。
早速ですが、本丸さんはどのような経歴で、なぜデジタル庁への参画を決められたのでしょうか?

よろしくお願いいたします!
外資ソフトウェア会社でキャリアをスタートし、企業の基幹系情報システムの開発をしていました。1990年代当時は外資企業とはいえマニュアルや設計書等も出来上がったものはなく、メーカーや製造業など大手企業のプレッシャーの中、手探りしながらソフトウェアを作っていました。

外資で海外のエンジニアと競いながらソフトウェアを作ることも刺激的ではありましたが、国内大手企業のコアの部分が外資のものでよいのかという違和感を覚え、同じような意識を持った仲間とソフトウェア開発の会社を立ち上げました。自ら、サーバーサイド、組み込み、フロントエンドの部分に至るまでをその時々の技術の趨勢に身を任せて設計・開発を行ってきました。

 オンプレがメイン、ハードウェアが中心だったレガシーからクラウド化・仮想化したモダンアーキテクチャを経験しているので、その両者の架け橋になれればと思い参画 しました。

デジタル庁には兼業でのジョインとのことですが、ご自身で立ち上げた会社では今でも働かれているのでしょうか?

はい、自社では、自律移動や自動搬送など自動化・省人化の分野のソフトウェア/ハードウェアの開発に取り組んでいます。並行して大学院の博士課程で都市AIシミュレーションの研究に取り組んでいます。

なるほど、ありがとうございます。愛媛県のCDO(最高デジタル責任者)補佐官も兼務しながらととてもお忙しい中だと思いますが、デジタル庁準備室の最初の募集でジョインされたと伺いました。トライしようと思った背景を教えてください。

次代の街や自治体、国の物理空間をデジタルで置換できるのか、とういうことを自身のテーゼとしておりました。現に、大学では開発経済学、大学院では都市工学を選択しております。

また、 個人の体験として、20歳の時に阪神・淡路大震災を経験しています。建物や構造物といったハードが悉くフラット化するという衝撃を受け、志向性がソフトウェアにシフト しました。当時、神戸市に手を差し伸べてくれた小さなお返しとして、国難においては自分も何かしら貢献したいと長らく考えていました。

ありがとうございます。次に、デジタル庁での現状の仕事内容について教えてください。

トータルデザインと呼ばれる、全体アーキテクチャの策定をしています。とても広い範囲を担当していますね。様々な技術の交差点になるところ、扇のかなめに位置するのが我々の役割です。

現在は概要設計の段階です。一部重点計画にも公表されている、どのような方針でシステムを作るのか、どうやって現行の制度と折り合いをつけるか、新しい制度策定と足並みを揃えられるかといったことを、モダンアーキテクチャの技術コンポーネントと擦り合わせながら検討しています。
公表している内容はまだ抽象的なものですが、実際はどのようなソフトウェア・アーキテクチャで構成するか、仮想化技術を用いたネットワーク・クラウド環境とシームレスな連携、データフローの一元化等、かなり具体的に青写真を描いています。
様々な府省が関係しますので調整が落ち着きましたら、具体的な内容の公表ができると思います。

本企画のインタビュー第2弾ではPMのお2人にも話を伺ったのですが、役割分担はどのようになっているのでしょうか?

PMは各省庁の要件設計・導入をやっていくポジションを担ってもらっています。アーキテクトは横断的なシステム全体のアーキテクチャを考えていくポジションで、国のシステムであれば数百、自治体と連携する部分は自治体の数である1,700を越えるシステムの共通基盤の設計を担っています。

担当されているお仕事には技術的な難しさと官公庁としての難しさがあると思うのですが、いかがですか?

そうですね。官公庁としての難しさの1つは、法制度が絶対であるということです。
エンジニア目線だとこうしたらいいのにと思うものがたくさんあるが、それがすぐに実現できるわけではありません。 技術的に論理的な部分と行政として論理的な部分がなかなかな交差せず、着任当時は悩んでいましたね 

具体的にはどんなすれ違いが起きていたのでしょうか?

例えば、行政の仕事は、膨大なステークホルダーがいます。アーキテクチャからしたら1つのモジュールにすぎないものも、色々な府省のサービスに影響を与えるので、全ての事象に確認・コンセンサスをとることにかなり時間が要しました。同じ目線でどんどんコトを前に進められる民間での働き方とは違う難しさがありましたね。

それは徐々に変わってきていますか?

はい。変わってきています。アーキテクチャとしてこういうものが望ましいのでは?というバージョン0.1のものを、キーパーソンの人たちに見せた時に扉が開いた感じがしました。

どういう反応だったんでしょうか?

まず反応してくれたのが、各技術チームにいる民間のプロフェッショナルでした。このアーキテクチャであれば実現性が高まるかもしれないという反応がありました。

それに呼応して行政官でも技術に詳しい人たちが評価をしてくれるようになりました。おそらく今までに内製でアーキテクチャを設計するという機会がなく、概念設計を自身の目で確認して初めて、自らの手で生み出すことに可能性を見出したのだと思います。

なるほど。1つの成功体験になったのではないでしょうか。

やっとスタートラインに立ったところなので、成功体験とはまだいえませんが、新しい光が見えた感じはしましたね。
どの組織でも起きる、お互いがお互いを信頼するためのセレモニーのようなものだったと捉えています。
また階段を登ってる最中ですが、 アウトプットで対話するのが民間人材としてのルールで、官民混在の組織において一つのアウトプットを示せたのは大きな価値 だったと感じています。

また、アウトプットも大事でしたが、理想に近づきたいという思いも同じく大切でした。アーキテクチャチームでは設計の際に「良心に基づいて」というフレーズを連呼しますが、行政官の方も想像以上にその想いを持っていて、それが前進のスピードを速くしていると感じています。

なるほど、ありがとうございます。今回の業務は、全くのゼロからの設計だったのですか?

昨年度、マイナンバーワーキンググループという組織で大きな方針を示していただきました。国・自治体のアーキテクチャの刷新して、国民の利便性やコスト削減、緊急時の即応性を高めるといった目的のために、大きなコンセプトが策定されています。

今回のアーキテクチャチームはそのコンセプトを具現化するためにリレーのバトンを受け取り、全速力で走っている状態です。
アーキテクチャチームは10人ほどで組成されていますが、チームメンバーそれぞれが高い設計力・実装力を持ち合わせています。難題でも果敢に向き合い、解を生み出す姿勢に心から感謝しています。

現在全速力で走られてるとのことですが、デジタル庁としての今後の成功のための鍵はなんだと思われますか?

 技術的なプロトコルで対話できる人を尊重し、登用していくことだと思います 。トップレイヤーも、必ずテクノロジーに明るい必要があります。デジタル庁は特にその部分が求められていると感じますね。

制度とシステム同時に設計することで、国全体の利便性を向上させる

今後どんな人にデジタル庁に参画してほしいと思いますか?

まず、アーキテクチャとしては、多岐にわたる物事を抽象化してソフトウェアのモジュール、ライブラリに落とし込むことが好きな人に来て欲しいなと思います。汎用性の高いものを作った時に嬉しさを感じる人が特に合うと思っています。

次にタイプとしては、あらゆる技術チームと対話をしていくことになるので、相手の懐に飛び込める人が向いてると思いますね。 摩擦もあるかもしれないし、すぐに仲間になれるかもわからないが、飛び込んで信頼関係を作っていける人 が良いと思います。今チームもまさにそのプロセスにいます。
アーキテクチャチームは非常に仲がいいのですが、摩擦を恐れない人が多いんです。摩擦熱で一緒に温かくなればいいという考え方で来てもらえたらと思います。

実際にどんな業務を担当するのでしょうか?

統一的な設計思想のもと、国・自治体のデータの流れ方と、システム群のアーキテクチャを作っていくことになります。
自治体は地方班が担当しますが、自治体と国の接点の部分は我々の業務範囲になります。

将来的には開発(DevOps)・セキュリティ・運用とも密に連携しながら業務をしていくことになると思います。

日常的に行政官の方とも関わるのでしょうか?

関わります。なぜかというと、制度とシステム両方を同時に変えようとしているからです。システム面からみて制度をどう変えたほうがいいのか、行政官にはかなりチャレンジングな内容も多いですが、数年後を見据えて提案しています。そしてアーキテクチャとしては、実際に制度が変わった場合の設計を進めており、同時に上に登っていく二重らせんのような成長をしています。

制度にまで染み出せるのはデジタル庁ならではの面白さですね。他にもそういった行政ならではの仕事はありますか?

行政ならではで言うと、どんな時も国民の生活・命を預かっているということは忘れてはいけないと思っています。

例えば一般論としてクラウドネイティブでやればよいという考え方もありますが、行政は何らかの緊急事態が発生する場合に備えて迂回路を必ず持つ必要があります。クラウドやネットワークを複線化するのか、他の手段を用いるのか、設計にあたり、コストと安全係数を常に意識しています。できるだけ未来を見据えて新しい世界に移しつつも、リスクヘッジをした形で多段的な移行設計とすることは難易度が高いですが、完遂できるように使命感を持って取り組んでいます。

なるほど。かなり緊張度の高いお仕事だと思いますが、本丸さんのモチベーションの源泉はなんですか?

まずは縁の下としてのアーキテクトがもっと評価されるようにしたいと思っています。複雑なものを安全につつがなく動かすということは、実は相当な技量と熱量を必要とします。エンジニア組織のマネジメントも必要ですし、実際に海外では価値のある仕事とされています。

我々もそう認識を改めないと、デジタルインフラをこの国では支えられなくなるのではと感じています。
 自身が声高に警鐘をならすというより、チームでアウトプットを残し、その残したもので対話したい と思っているので、それを残そうと今頑張っているところです。

なるほど、自分たちでデジタルインフラを支え続けられるように成果で警鐘を鳴らしていきたいとお考えなんですね。

そうですね。もう一つの大きなモチベーションは、最後の変化のチャンスだと思っていることですね。
今まで自動車会社等のクライアント向けも含め大規模なシステムやコアとなるソフトウェアモジュールを作ってきましたが、ずっと日本の産業が弱くなっていくことを実感し続けてきました。正直、回復は難しいと考えていた時期もありました。 デジタル庁ができたというこのタイミングは、日本がデジタルで利便性が高まり、また経済成長していく最後のチャンス だと捉えています。
その機会に自分の今までの経験を生かしたいですし、20歳の頃に地震で数多のものを失った経験を経て、今は何かを返したいと思っているので、それがモチベーションですね。

お話お聞きして、とても刺激をいただきました。お忙しい中ありがとうございました!

筆者の感想

今回のデジタル庁準備室の方々へのインタビューも今回で最終回となりました。4回のインタビューを通じて、集まっておられる方々の思いの強さがとても印象的でした。全文目を通すのが大変であれば挑戦しようと思った背景だけでも読んでみていただきたいです。

今回の内容は、デジタル庁の掲げている構想のの根幹ともいえる全体のアーキテクトを担当されている本丸さんのお話でした。自分もサービス開発を行っている身からして、本丸さんは物作り・サービス開発の大先輩であり、その思想の深さ、思いの強さがめちゃくちゃかっこいいなとシンプルに感じました。私がサービス開発を始めた時はすでにクラウドが当たり前の時代でしたし、サービス開発に携わってまだまだ数年というところですが、本丸さんはその何年も前からサービス開発に携わられ、歴史をご存じでおられる。そしてその経験が日本のサービスを強くしたい、デジタル化を通じて日本の経済成長のきっかけを作りたいという思いに昇華されていて、真摯に直向きにサービス開発に向き合ってこられたんだな心から尊敬の念が生まれました。そしてそんな方々が集まるデジタル庁は大きな変化を日本にもたらしてくれるだろうと強い期待を覚えました。

改めまして、全4回にわたりインタビューの機会をくださった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。インタビュアーとしてもとっても貴重な経験をさせていただきました!

本記事で取り上げたデジタル庁準備室の求人
※デジタル庁(準備中)Webサイトに新規タブで遷移します

\ スクラム採用がよくわかる!ガイドブック/

HERPデモ動画

\ スクラム採用×HERP Hire 解説動画無料公開中/

HERPデモ動画

関連記事

400f_top
2021/10/22  おすすめ記事
HERP厳選スタートアップ求人特集 – 株式会社400F –
本特集は今後ので働きたいビジネスパーソンに向けてHERP Lab編集部が厳選したスタートアップの求人をご紹介するシリーズです。 今回は、...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
kaonavi
2021/10/19  おすすめ記事
採用オウンドメディアで内定承諾率アップ!カオナビが語る立ち上げのポイント
コロナ禍で加速したリモートシフトによって、採用活動でもWebを活用したブランディングの重要性がますます高まっています。 一方で、最適なメ...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
freeeに入社したエンジニアと考える「入社の決め手」 なぜ百戦錬磨のデータエンジニアは振り向いたのか?
2021/08/11  おすすめ記事
freeeに入社したエンジニアと考える「入社の決め手」 なぜ百戦錬磨のデータエンジニアは振り向いたのか?
採用難易度が高く売り手市場が続くエンジニア採用。著名な企業でも、採用に苦戦している点では同じです。とくにデータエンジニア、データサイエン...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/07/20  おすすめ記事
シタテルが語る。スタートアップの採用を成功に導く広報戦略
コロナ禍で加速したリモートシフトによって、採用活動でもWebを活用したブランディングの重要性がますます高まっています。一方で、多くの企業...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/07/04  特集
デジタル庁の今 vol.3行政データの共通化、手続きのデジタル化への挑戦
業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。 今...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda
2021/07/04  特集
デジタル庁の今 vol.2 行政機関システムのデータ統合への挑戦
業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。 今...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda

採用管理ツール導入の成功事例

AI inside 株式会社
HERP導入後3ヶ月で39名内定し、3倍の成果を実現!採用を主導する現場と人事の協働ストーリーに迫る。
株式会社コドモン
候補者には期待感溢れる体験を。2ヶ月で20名採用を実現したコドモンの採用の裏側
BASE株式会社
エンジニアはエンジニアの眼で見て採る!採用活動をプロダクトとして捉えるBASEの「スクラム採用」とは
ルームクリップ株式会社
全職種でワークサンプルを実施!候補者目線を考え尽くしたRoomClipの採用プロセスとは
株式会社インフラトップ
学びと仕事を通して人生を最高の物語へ。候補者の人生に寄り添ったインフラトップの採用活動
株式会社サーバーワークス
エンジニア出身人事だからこそわかる サーバーワークスの採用におけるエンジニアと人事の役割分担とは
株式会社デジタリフト
内定到達率5倍を実現!候補者一人ひとりに向き合う採用へ転換したデジタリフトの採用活動に迫る
Ubie株式会社
一人ひとりが自走して動ける自律的な組織へ。世界を目指すヘルスケアスタートアップUbieの採用活動の変遷
株式会社Azit
採用全体の7割がリファラル採用。HERPを活用した採用に強い組織づくりに迫る
カラクリ株式会社
バリューである「100倍の生産性」を実現するため採用管理ツール7社を徹底検討。HERP導入後、業務効率が30%改善!
株式会社Schoo
HERP導入で、それまで「点」だった候補者情報がタイムライン上で「線」となり、候補者一人ひとりが立体的に
株式会社LegalForce
HERPの価値は「コミュニケーションの効率化」。他採用管理ツール利用経験のある人事から見たHERPの価値・導入時の観点とは
クラスター株式会社
正社員の採用参画率100%!HERP Hireが全社員参加型の採用活動を促進
株式会社ギフティ
社員の9割が採用に積極的に参加!HERPを活用した全社員を巻き込む採用活動の裏側
株式会社空
10数名のベンチャーが直近3ヶ月で6名採用!加速する採用を支えるHERP活用の秘訣とは!
株式会社div
内定承諾率98%!HERP活用で候補者への効果的なアプローチを可能に
株式会社ユニラボ
HERP Hireで煩雑な採用オペレーションから脱却。採用管理業務の20%削減に成功!
     
「スクラム採用」を実現する採用プラットフォーム HERP Hire
求人媒体からの応募情報の自動連携、Slack/Chatwork連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、現場メンバーが積極的に採用に参画できる「スクラム採用」の実現をサポート。
HERP Hireを詳しくみる
「スクラム採用」を加速させるタレントプールツール HERP Nurture
複数の求人媒体からの応募情報の自動連携、SlackやChatworkとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有。
HERP Nurtureを詳しくみる