新しい採用のあり方を提案するメディア

BtoB SaaS企業が見落としているデザイナー採用でやるべき3つの施策

こんにちは、HERPでプロダクトデザイナーとデザイナー採用の責任者を務めているオオカワラ(@o_kwr)です。
この記事ではBtoB SaaSを提供する企業のデザイナー採用において、採用成果を出すために当たり前に必要であるにも関わらず見落とされがちな施策について紹介します。

目次
・BtoB SaaS企業のデザイナー採用では当たり前に必要なことができていない
・採用担当が気づけていないBtoB SaaSデザイナー採用の実態
・BtoB SaaS企業がデザイナー採用でやるべき施策
・①:デザイナー向け採用資料を作成して、自社の魅力を伝える
・②現場のデザイナーと協働し精緻な人材要件定義をする
・③チャネル毎の特性を理解し正しく使い分ける
・まとめ

BtoB SaaS企業のデザイナー採用では当たり前に必要なことができていない

一般にBtoB SaaSをはじめ、業務システムやSaaSアプリケーションを開発する企業においてデザイナーの採用はBtoC企業に比べ難しいと言われています。

それには、そもそもの母数が少ないことや、toBのサービスがtoCに比べて”誰が何を誰のために作っているか”が伝わりにくく求職者が集まりにくいという事情があります。

しかし、私自身がBtoB SaaSのデザイナー採用の責任者として採用に携わっていく中で、それは難しさの理由の一部でしかないと感じました。

本当の理由はほぼ全ての企業が転職やキャリアチェンジを考えているデザイナーにとって本当に知りたい情報をオープンにしていないだけだからではないでしょうか。

そう、つまり「伝える」という当たり前に必要なことができていないだけなのです。

そこで本記事では、BtoB SaaS企業のデザイナー採用で見落とされがちな「伝える」施策を紹介していきます。

採用担当が気づけていないBtoB SaaSデザイナー採用の実態

具体的に何を実施すべきかを紹介する前に、BtoB SaaSデザイナー採用でよくある悩みとその正体について解説します。

正しく採用広報ができていないので母集団形成につながらない

「ちゃんと会社紹介資料を作ったり、SNSを使ったりして発信をしているのに応募が集まらない」そんな母集団形成についての悩みをよく聞きます。

たしかに、最近は採用広報が浸透し採用に関する発信を強める企業が増えてきました。

しかし、ことデザイナー採用に関しては、デザイナーという専門性を有した職種の立場から見て、この企業あるいはチームにジョインするに足る魅力や得られる機会が伝わる発信をしている企業というのは皆無だと感じています。

図は、デザイナー採用におけるありがちな魅力アピールとそのときのデザイナーの心の声を表したものです。

このように、”デザイナー”として働く上で「本当に知りたいリアルな情報がない」「情報の解像度が低い」発信では、そもそもデザイナーに興味を持たせることから失敗してしまいます。

したがって、デザイナーの応募を集めたい場合には、まずデザイナーという視点で徹底的に興味を持たせるコンテンツを盛り込んだものが必要となります。

正しく人材要件定義ができていないのでミスマッチを起こしてしまう

「エントリーはあるけれど、うちの会社やチームに合うデザイナーの応募がない!」
そんなミスマッチの問題を抱えているときは、デザイナーの人材要件定義を見直してみましょう。

ミスマッチを引き起こすのは、その企業あるいはチームにおいてデザイナーというロールに対して要求する業務内容と、そこに対応する具体的なスキルや経験を言語化できていない”曖昧”な人材要件定義であることが多いです。

図では業務内容の定義の例を示しています。一言に「UIデザイン」「機能の要件定義」「グラフィックデザイン」と言ってもこれくらいの解像度を持った業務内容の定義をしなければミスマッチが発生します。

また、具体的にどういうことをするのかが曖昧だと、曖昧だからこそ求めるスキル感やそこから生まれるであろう成果に過剰な期待が発生し、ミスマッチを生む要因にもなります。

この曖昧さを解消してくれる、デザインにまつわる全てのスキルセットが備わっているスーパーデザイナーの採用という現実的でない成果への期待にもつながってしまいます。

ミスマッチの解消のためには、採用目的に沿った業務スコープを定めて現実的な落とし所にした精緻な人材要件定義が必要となります。

正しく採用チャネルを選定できていないのでリソースを浪費してしまう

「とりあえず片っ端からいろんなチャネルを使ってみているけど、ただただ書類選考通過すらしない応募の対応に追われている」
これは正しく伝わる採用チャネルが選定できていないことが原因です。

デザイナー採用市場を取り巻く環境は採用チャネルの多様化、転職潜在層へのアプローチの活発化を背景に年単位で変化が起こり続けています。

それゆえ、有効な採用チャネルの選定はもちろん、取るべき戦略も大きく変わっており、もはやこの採用媒体を使ったりアプローチをしていればなんとかなるという絶対的な正解はなくなったと言えます。

よって、採用チャネルの選択においては、精緻に定義した人材要件をベースにその要件を満たす人材へアプローチできるチャネルの選択と仮説検証が必要となります。

BtoB SaaS企業がデザイナー採用でやるべき施策

それではいよいよBtoB SaaS企業がデザイナー採用でやるべき施策について紹介していきます。

結論、BtoB SaaS企業がデザイナー採用で成果を上げるために必要なことはこの3つを徹底することです。

下記より、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

①:デザイナー向け採用資料を作成して、自社の魅力を伝える

まずは、デザイナー向け採用資料を作成してみましょう。先に述べたように、デザイナーに対する採用広報にはデザイナーという視点で徹底的に興味を持たせるコンテンツを盛り込んだものが必要で、その答えになるのがデザイナー向け採用資料です。

デザイナー向け採用資料とは、デザイナーにとってその会社で働くにあたり知りたいポイントを抑えた採用広報の軸となるツールといえます。

図はデザイナー向け採用資料を作成する際に抑えるべき項目の一例です。
これらを網羅した採用資料を作成することで、ようやくデザイナーに対して発信するスタートラインに立てたことになります。

デザイナー向け採用資料のメリット

デザイナー向け採用資料の作成で得られるメリットは、母集団形成以外にも3つあります。

ひとつは、ミスマッチ応募の減少です。資料の中で、こういうデザイナーを求めていますと明確に定義されているため、ミスマッチな応募が減ります。応募数自体は減少する可能性がありますが、全応募における有効な応募数の割合は大きく向上します。

もうひとつは、有効な面談・面接の促進です。十分な情報量があるデザイナー向け採用資料を応募者に対してあらかじめ共有し理解してもらうことで、面談や面接の場が、資料には載っていないさらにコアな部分をお互いに知るための場として機能するようになります。

最後は、訴求コストの低下です。採用媒体・SNSにおけるスカウトやリファラルでのコミュニケーションにおいて、とりあえず採用資料を見てもらうというアクションだけで、深く会社のことを知ってもらえるため、候補者に対して魅力を訴求するコストが大幅に減ります。

実際に弊社ではデザイナー向け採用資料の作成により、応募数がそれまでの2倍に増加し、高い採用決定水準をクリアするインターンを2名採用できました。
デザイナー向け採用資料の作成は本当におすすめなので、ぜひ実施してみてください。

[参考:HERP – デザイナー向け採用資料 / HERP Designers Profile – Speaker Deck]

②現場のデザイナーと協働し精緻な人材要件定義をする

次に、人材要件定義を現場のデザイナーと協働して行ってみましょう。

既に指摘したように、曖昧な人材要件定義によるネガティブな影響は大きいため精緻な人材要件定義を作成する必要があります。

しかし、採用担当だけで精緻な人材要件定義を作成するのは不可能なため、現場のデザイナーを巻き込んで要件定義を行うのがおすすめです。

そのためには①デザイナーにヒアリングしながら業務内容を明らかにし、②業務内容に対して必要なスキルセットを洗い出し、③スキルの有無に対してどこまで妥協できるか(絶対に必要か)を決める3つのステップを実行するのがおすすめです。

3ステップの具体例をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

※編集部注:PC表示推奨です


③チャネル毎の特性を理解し正しく使い分ける

最後は、チャネル毎の特性を理解し自社のターゲットに正しく伝わる選択をすることです。

上述したように、最近はデザイナー採用において、絶対の採用チャネルの正解はありません。

したがって、精緻に定めた人材要件定義を満たすデザイナーが存在する採用チャネルを仮説検証を繰り返しながら選択し、余分な採用チャネルへの露出を控えることが大事なポイントとなります。

図にデザイナーのスキル層別に採用チャネルをまとめましたので、採用チャネル選びの際にぜひ参考にしてみてください。

デザイナー採用の実態を踏まえると各社自走して事業へのインパクトを出せるデザイナーを採用ターゲットのメインとしているため、ミドル層およびシニア層のデザイナーの採用難易度は非常に高くなっていると言えます。

採用戦略を大きく変更し、採用難易度が比較的低いジュニア層のデザイナーを採用して社内で育成する方向性も昨今では十分ありうる選択肢だとも思います。

まとめ

ここまでBtoB SaaS企業がデザイナー採用でやるべき施策について紹介してきましたが、共通して言えることは、「自分が求職者だった場合、これだとちょっとこの会社に魅力を感じないな。こうだったらいいのに。」という懸念点をつぶしていくことだと考えています。

今回ご紹介した3つの施策を徹底することは、きっとみなさまのデザイナー採用の成果につながりますのでぜひ実践してみてください。

おまけ:弊社も現在デザイナーを募集中です。ご興味のある方はぜひ一度カジュアル面談でお会いしましょう。
株式会社HERP 求人一覧

(了)

 

関連記事

2020/11/16  採用戦略
コスト0ではじめる!スタートアップの採用立ち上げを成功に導く6つのポイント
こんにちは。HERPの冨田です。 この記事では、「コスト0ではじめる!スタートアップの採用の立ち上げ方」と題して、これから採用を本格化さ...
冨田真吾
冨田真吾
スクラム採用が求められる背景
2020/10/23  採用戦略
ジョブ型雇用の時代に求められる「スクラム採用」とは。
求められる背景・成功のポイントを徹底解説
HERPがこれまで提唱し続けてきた「スクラム採用」。働き方や企業のあり方が大きく変化した2020年、各企業の採用活動も変化を必要とされて...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2020/10/13  採用戦略
スタートアップ採用のニュースタンダード!タレントプール活用虎の巻
こんにちは。HERPの冨田です。 この記事では、「タレントプール活用虎の巻」と題して、シードフェーズのスタートアップ企業に有効な「タレン...
冨田真吾
冨田真吾
2020/09/28  採用戦略
採用マーケティングを始める方へ、明日から実践すべき3つの施策
「採用マーケティングを母集団形成に活かしたいが何からすべきかわからない」そんなお悩みはありませんか? 本記事では、そんなお悩み持つ方に採...
Momoko Tokuda
Momoko Tokuda
2020/09/24  イベントレポート
スクラム採用が苦手なREADYFOR採用チームマネージャーの「任せ方」とは
イベントレポート:Scrum Recruiting Labo 分科会#5
2020年7月7日(火)にHERP主催でウェビナー形式にて開催。 イベント概要 社員主導の「スクラム採用」の実践に向けて、リアルな現場の...
Momoko Tokuda
Momoko Tokuda
2020/09/22  イベントレポート
失敗しない採用データ活用の3パターンとは
イベントレポート:持続的に成長する組織づくりのためのHRデータの活用
HERPの竹本です。 「溜まった採用データを活用したいが何からすべきかわからない」そんなお悩みはありませんか? 今回のイベントレポートで...
HERP編集部
HERP編集部

採用管理ツール導入の成功事例

株式会社コドモン
候補者には期待感溢れる体験を。2ヶ月で20名採用を実現したコドモンの採用の裏側
ルームクリップ株式会社
全職種でワークサンプルを実施!候補者目線を考え尽くしたRoomClipの採用プロセスとは
AI inside 株式会社
HERP導入後3ヶ月で39名内定し、3倍の成果を実現!採用を主導する現場と人事の協働ストーリーに迫る。
株式会社インフラトップ
学びと仕事を通して人生を最高の物語へ。候補者の人生に寄り添ったインフラトップの採用活動
BASE株式会社
エンジニアはエンジニアの眼で見て採る!採用活動をプロダクトとして捉えるBASEの「スクラム採用」とは
株式会社サーバーワークス
エンジニア出身人事だからこそわかる サーバーワークスの採用におけるエンジニアと人事の役割分担とは
株式会社デジタリフト
内定到達率5倍を実現!候補者一人ひとりに向き合う採用へ転換したデジタリフトの採用活動に迫る
Ubie株式会社
一人ひとりが自走して動ける自律的な組織へ。世界を目指すヘルスケアスタートアップUbieの採用活動の変遷
株式会社Azit
採用全体の7割がリファラル採用。HERPを活用した採用に強い組織づくりに迫る
カラクリ株式会社
バリューである「100倍の生産性」を実現するため採用管理ツール7社を徹底検討。HERP導入後、業務効率が30%改善!
株式会社Schoo
HERP導入で、それまで「点」だった候補者情報がタイムライン上で「線」となり、候補者一人ひとりが立体的に
株式会社LegalForce
HERPの価値は「コミュニケーションの効率化」。他採用管理ツール利用経験のある人事から見たHERPの価値・導入時の観点とは
クラスター株式会社
正社員の採用参画率100%!HERP Hireが全社員参加型の採用活動を促進
株式会社ギフティ
社員の9割が採用に積極的に参加!HERPを活用した全社員を巻き込む採用活動の裏側
株式会社空
10数名のベンチャーが直近3ヶ月で6名採用!加速する採用を支えるHERP活用の秘訣とは!
株式会社div
内定承諾率98%!HERP活用で候補者への効果的なアプローチを可能に
株式会社ココナラ
現場から経営陣までシームレスに情報共有。HERP導入で事業を加速させる採用を実現!
株式会社ユニラボ
HERP Hireで煩雑な採用オペレーションから脱却。採用管理業務の20%削減に成功!
株式会社PR Table
候補者へのフィードバックを全社員に共有!社員参加型の採用活動で、エンゲージメントも20%アップ
     
「スクラム採用」を実現する採用プラットフォーム HERP Hire
求人媒体からの応募情報の自動連携、Slack/Chatwork連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、現場メンバーが積極的に採用に参画できる「スクラム採用」の実現をサポート。
HERP Hireを詳しくみる
「スクラム採用」を加速させるタレントプールツール HERP Nurture
複数の求人媒体からの応募情報の自動連携、SlackやChatworkとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有。
HERP Nurtureを詳しくみる